私たちは、やればできるという喜びと感動「=Impress(インプレス)」を味わって、前向きな人間・成功型人間「=Success(サクセス)」に成長してほしいという熱い思いで学習指導をさせていただいています。
IS進学セミナーは、「ほめる」ことでお子さんのやる気を引き出し、「ワンランク上の志望校合格を目指す」元気で明るい学習塾です!

2018年05月29日

IS進学セミナーの個別指導A 〜準備編〜

※本記事は、「IS進学セミナーの個別指導@ 〜授業編〜」の
続きです。そちらからお読みいただけると嬉しいです♪

前回の記事で、ISの授業についてお話ししました。
今回は、そんなISの個別指導を支えるものが何かについて
触れていきたいと思います。


しつこいようですが、IS進学セミナーでは
各生徒の状況に合わせて授業を行います。
学校の進度や生徒の理解度は勿論ですが、
時期や学習意欲も考慮します。

これらを管理するために、講師には生徒・教科ごとに
学習状況を記録
してもらっています。
学校の進度、理解状況、授業の様子などです。

IMG_20180516_195934.jpg

また、授業後には必ず、学習の記録を教室長に報告し、
次回以降の授業の流れや対応について確認します。

報告時には、気になる点があればどんなに些細なことでも
報告してもらいます。
思わぬことが生徒の意欲・集中の妨げになっているかも
知れないからです。

この「記録」と「報告」を毎時間行うからこそ、
生徒一人ひとりに合わせた個別指導を展開できるのです。


さらに、講師たちの授業準備はとにかく入念です。

前述の報告・確認をもとに必要な補充教材を用意したり、
生徒により分かりやすい指導を行うための工夫を考えます。
目の前の生徒に「今、何が必要か」を常に考え、実践しているからです。

他にも定期的な講師研修会や教材研鑽なども行いますが、
いっぺんには紹介しきれないので、またの機会にご紹介します♪


どこの学習塾にも、「指導システム」というものがそれぞれに
存在します。
勿論、当塾にもシステム化されている部分がありますが、
それは授業の土台に過ぎません。
既存のシステムにあぐらをかくことなく、生徒にとって
本当に必要なことを考え続ける――
それこそがIS進学セミナーの個別指導の根幹です。


次回は、そんな私たちの個別指導にかける思いを
お話ししたいと思います。

『ISの個別指導についてB 〜ISの思い編〜』につづく…
posted by ライオン at 00:15| Comment(0) | 教室からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: