私たちは、やればできるという喜びと感動「=Impress(インプレス)」を味わって、前向きな人間・成功型人間「=Success(サクセス)」に成長してほしいという熱い思いで学習指導をさせていただいています。
IS進学セミナーは、「ほめる」ことでお子さんのやる気を引き出し、「ワンランク上の志望校合格を目指す」元気で明るい学習塾です!

2019年04月03日

春期講座 終了

田川市後藤寺にある学習塾、
IS進学セミナー後藤寺校です。


こんばんは

春期講座が終わりました。

それぞれの塾生が、
自分の課題と向き合ってがんばってくれました。

IMG_1371.JPG

以前、鞍手高校理数科に合格した塾生の
保護者の方のご意見です。

-----------------------------------------------
鞍手高か、鞍手高が無理なら筑豊地方を出たい。
合格に必要な高い得点を取るためには応用問題を
たくさんする必要があると思っていましたが、
先生の「基本を徹底的に、教科書を大切に」、
「丁寧に着実に」、「繰り返し繰り返し」、という
指導方針は間違いではありませんでした。
結局、勉強に近道はなく、毎日の地道な努力が
大切だということを教わりました。
-----------------------------------------------

受験は、合格する人もいれば、
不合格になる人もいます。
その差はどこで生まれるのでしょうか?

それは、圧倒的な演習量の差から生まれると思っています。

受験当日に体調が悪くなったり、緊張して
力を出し切れなかったりということが
あるかもしれません。

しかし、それらも含めて「受験」です。

受験を万全の状態で迎えたいのであれば、
日頃から体調管理も含めてきちんと
できているはずです。

毎日たくさんの演習問題を繰り返し続けて
やっていれば、自信がついているはずです。

これらを支えているのは、
日頃の「勉強に取り組む姿勢」です。

毎日勉強していれば、
演習量は相当なものになるはずです。

この演習量が、合格への道に繋がっています。

何も特別なテクニックやマジックは
必要ありません。
やるべきことを地道にコツコツ続けることが、
一番大変ですが、一番大切です。

「授業態度をよくします」
「楽しく明るく勉強ができます」
・・・何のために塾に行くのでしょうか?

塾は、成績をアップさせるところです。

ところで、
志望校合格は、学校や塾だけでなく、子ども自身、
家庭のバックアップの三位一体でないと
成しえないものです。

当塾が、夜の十一時を過ぎても十二時近くに
なっても勉強に付き合うのは、子ども自身の
やる気が高いからです。

(保)「何もかも塾に任せます」
(塾)「はい、分かりました」と
子守りをしているわけではありません。

圧倒的な演習量に取り組む、
「やる気」のある塾生のために
遅くまで塾を開いているのです。

保護者の方々は、遅い時間まで
私たちを信じて預けてくれています。

勉強することに対して
やる気が持てない子どもたちに・・・

当塾の熱さが、お子様の心に火をつけます!!


(合格実績)

『飯塚高等学校 普通科特進』特待生
『飯塚高等学校 普通科特進』
『近畿大学付属福岡高等学校 S特進』
『福智高等学校』
『大和青藍高等学校 看護科』
『福大若葉高等学校 S特進』
『弘学館高等学校』

『嘉穂高等学校 理数科』
『嘉穂高等学校 普通科』
『嘉穂東高等学校』
『嘉穂総合高等学校』
『鞍手高等学校 理数科』
『鞍手高等学校 普通科人間文科コース』
『鞍手高等学校 普通科』
『田川科学技術高等学校』
『田川高等学校』
『東鷹高等学校』
『西田川高等学校』

『育徳館中学校』
『嘉穂高等学校附属中学校』
『創価中学校』
『日新館中学校』
『明治学園中学校』

『飯塚医師会看護高等専修学校』
『田川医師会看護高等専修学校』
『直方看護高等専修学校』

『あさくら看護学校』
『麻生看護大学校』
『おばせ看護学院』
『遠賀中央看護助産学校』
『小倉南看護専門学校』
『高尾看護専門学校』
『西日本看護専門学校』
『福岡医健看護専門学校』
『福岡看護専門学校』
『水巻看護助産学校』
『宗像看護専門学校』
『八幡医師会看護専門学院』

・・・他多数(50音順)


IS進学セミナー田川校では、
進路実現、成績向上を図りたい方、
学習習慣を身に付けたい方を、
全力で応援いたします!
電話番号は 0947−49−2523 です。
学習に本気で取り組みたい方は、お問い合わせくださいね!


posted by ライオン at 20:43| Comment(0) | 教室からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: